たるみ毛穴とは

  • 2008/10/01(水) 16:35:38

お肌の老化によって肌がたるみ、毛穴もたるんで目立つようになります。
それを俗に「たるみ毛穴」 といいます。

年齢を重ねると、顔の筋肉が弱り、肌の奥の真皮のハリが失われ
お肌をささえるものがだんだんと弱まってきてしまいます。
そして重力によって下へ下へと引っ張られ、毛穴も縦に伸びて目立つようになるのです。
また、年齢を重ねることによりお肌の再生サイクルも遅れがちになることも
たるみ毛穴の原因といわれています。

たるみ毛穴の対策方法は、お肌の真皮を元気にさせることです。
少し専門的な話になってしまいますが、肌には表面の肌組織である表皮と
肌の奥にあり肌を支える土台となっている真皮という部分があるのです。
その真皮に元気がなくなってくると、それが表皮のしわやたるみとなって現れてくるのです。
ちょうど風船の中の空気と同じ役割ですね。
真皮には表皮を内側から押し上げる働きがあるのです。

ですので、肌の表面にいくら栄養や水分を与えても、根本的にはダメです。
肌の奥の真皮に栄養を与え元気にしてあげる必要があるのです。
それができる唯一の化粧品が、みなさんご存知の美容液なのです。

まずは化粧水で肌を整え、細胞の通り道を作ってあげます。
その後、美容液を真皮まで届けてあげて、クリームでフタをします。

外から栄養を与えることも大事ですが、体の中からたっぷりと
水分補給することも忘れないでくださいね。
女優やモデルさんもミネラルウオーターを一日2リットルは飲んでいるそうです。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL