塩パックで毛穴ケア

  • 2008/09/10(水) 16:27:38

毛穴対策として、塩パックというのがあります。
顔を濡らし、塩を毛穴の目立つ鼻周辺に乗せておくだけの簡単な方法ですが、
これが意外と効果があると好評のようです。
天日塩に含まれるカリウムは発汗作用、マグネシウムには保湿作用があります。

この塩パックの作り方はとっても簡単。
タッパーに卵白と天日塩を入れて、スプーンなどでよく混ぜ合わせます。
これにに好みのオイル、又は蜂蜜を加えて混ぜます
シャリっとシャーベットが溶けたような感じになればOK。
水分が少なく、固そうならさらにオイルを加えて下さい。
1時間以上冷蔵庫で寝かせたら完成です。

使い方は、た塩を塗り広げ、手のひらでなでるように塩を動かします。
このとき決してゴシゴシこすらないようにしましょう。
あとでヒリヒリ、キズ、痒みにつながります。
30秒位したらシャワーでしっかり洗い流します。。
それ以前にピリピリしてきたら、すぐに流しましょう。
オイルの残油感が気になる人はパック後サッと石鹸で洗い流してください。

焼塩と生塩では焼塩の方が粒子が均一で細かいので使いやすいかと思いますが、
成分的にはどちらでもOKですから、お好みで選んでください。

混ぜるオイルはご自分の体に合うもので、なるべく自然のものがおすすめです。
食用のオリーブ油、馬油、アロマオイル、はちみつなどが多いようです。

肌の弱い方、卵アレルギーの方はまずは体で試してから、顔にお使いください。
卵白の代わりに豆乳でもOKです。
卵白を使っていますので、冷蔵庫で保存し、1週間以内を目安に使い切ってください。